2019年04月22日

6年 4/21 体験会&TRM

こんにちは、りょうじんオヤジです。
(間違えて一度5年兵のブログにアップしてしまいました(-ω-;)申し訳ないです。)
本日は午前中にCFC春の体験会、午後はTRMと予定はパンパンです。
体験会。参加者は幼稚園児や小学校低学年が中心で、さすがに6年生になると新入部員は来ませんが、最高学年として魅せるものはあります。テクニックやパワーもそうですが、『サッカーは楽しい』を伝えることが一番!
それぞれのメンバーがそれぞれに役割をこなしてくれました。仮に入部しても6年生は練習時間で顔を合わすことはないですが、後輩達が増えるといいね!

IMG_20190421_100654.jpgIMG_20190421_102622.jpgIMG_20190421_102751.jpgIMG_20190421_102759.jpgIMG_20190421_102950.jpgIMG_20190421_103040.jpgIMG_20190421_103309.jpgIMG_20190421_103106.jpgIMG_20190421_103402.jpgIMG_20190421_103506.jpgIMG_20190421_104254.jpgIMG_20190421_103252.jpg
さて、午後はTRM  お相手いただいたのは鷺沼FCさんとOLEのみなさん。今日の課題は後ろから組み立てる。ロングパスは使わずつながるサッカー。U-12を来週に控え仕上がりを確認です。
結果は以下の通り。
 マール1-3鷺沼FC
ビエント0-2OLE
 マール0-2鷺沼FC
ビエント0-1OLE
 マール0-0鷺沼FC
最後の1週間でのテストマッチでしたが、なかなかうまくいきません。鷺沼FCさんは素早いプレスで攻撃の芽を摘んできますし、OLEさんは組織的なプレーでCFCはなかなか攻撃に移れず苦戦を強いられました。

試合後に相手のコーチと交流する中で、いろいろアドバイスをいただきました。『選手達の声が出てない』という指摘。ここで声が出てないというのは「がんばろうぜ」「ナイスプレー」というかけ声ではないということ。
声が出てないということを掘り下げると、仲間に何を指示してよいか分からない。それは今何をすべきかが分からないから、それはチームとして課題を正しく共有されていない、もしくはメンバー間の理解の幅にズレがある。ゲーム中に何をすべきかがズレがあるのでコミュニケーションが成立していないということ。我々コーチもメンバーの声が出ていない状況を見て、『声を出せ』という指示を出しがちですが、声がでていない本質が分かったうえでの指示か考えなくてはならないですね。相手チームは敵からボールを奪うアクションひとつとっても奪い方がルール化されておりやることが明確、だから周りのメンバーにも誰に対してもやるべきことを指示できる。コレがチームのコミュニケーションであり、このコミュニケーションが活発なチームは強いということ。
さて、残り1週間で何ができるか?できなかった技術、戦術がいきなりできるようにはならないので、意識、想い、やりたいこと、やるべきことをまとめ上げて、コーチと選手気持ちをひとつにしてゆこう。焦ることはない!緊張しているのは相手チームも一緒だよ。さぁ、行くぞ!U-12!
IMG_20190421_172941.jpgIMG_20190421_155921.jpgIMG_20190421_165150.jpgIMG_20190421_153251.jpgIMG_20190421_153114.jpgIMG_20190421_153010.jpgIMG_20190421_144252.jpgIMG_20190421_140527.jpg
posted by 6年生担当コーチ at 18:22| Comment(3) | 日記